甘味料コラム

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ

甘味料とは、砂糖をはじめとした食品に甘味をつける調味料全般のこと。

その中でも、砂糖の数十倍~数万倍の甘さを持つ甘味料のことを「高甘味度甘味料」と呼んでいます。

高甘味度甘味料は、ごく少量で甘味が付くことから、糖質・カロリーを抑えられるのが特徴で、多くの食品・飲料などに採用されております。

各高甘味度甘味料の特性

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ

※1 スクラロースとアセスルファムカリウムは、体内での消化・吸収がないため、ノンカロリーです。ほかの甘味料は、ゼロカロリーではありませんが、砂糖の代用とすることで低カロリー化を実現できます。
※2 アセスルファムカリウムの甘味は、立ち上がりのキレが早く苦味があるという特徴があります。ステビアとカンゾウには、それぞれ原料特有の苦味が持続するという特徴があります。
※3 ステビア、カンゾウは天然原料を使った製造になるため、その収穫量によって価格や供給に変動がみられる場合があります。

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ

高甘味度甘味料は、それぞれ甘さの感じ方が砂糖と異なりますので、使用目的に合わせて使い分けることが可能です。また、甘味料ごとに風味増加やマスキング効果などの特性を持っており、どんな商品を作りたいかにより、選定する甘味料が異なります。

ツルヤ化成工業では、30種類以上の甘味料製剤、高甘味度甘味料だけでも約10種類を取り扱っております。

 

弊社が取り扱う高甘味度甘味料

スクラロース

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ砂糖の約600倍の甘味度を持つ合成甘味料。まろやかな甘味を持ち、苦味や渋味等の嫌な雑味がほとんどないのが特徴。

 

→スクラロースの詳細へ

 

 

 

アセスルファムカリウム

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ砂糖の約200倍の甘味度を持つ合成甘味料。甘味の発現が早く、キレ味が良いというのが特徴。

 

→アセスルファムカリウムの詳細へ

 

 

 

アスパルテーム

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ砂糖の約200倍の甘味度を持つ合成甘味料。クセや雑味が少なく、まろやかな甘味を有しているのが特徴。

 

→アスパルテームの詳細へ

 

 

 

サッカリンナトリウム

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ砂糖の約300倍の甘味度を持つ合成甘味料。若干の苦味と、サッパリとした甘味を持っているのが特徴。

 

→サッカリンナトリウムの詳細へ

 

 

 

ステビア/酵素処理ステビア

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ砂糖の約200倍の甘味度を持つ天然由来の甘味料。ハーブ由来のの独特な香味と苦味があり、後を引く甘さがあるのが特徴。

→ステビアの詳細へ

 

高純度のステビア抽出物に酵素を用いて糖を付加することでクリアな味質を有しているのが、酵素処理ステビア。

→酵素処理ステビアの詳細へ

 

カンゾウ

高甘味度甘味料とは?今さら聞けない基礎知識 | 甘味料開発・選定ナビ砂糖の約200~300倍の甘味度を持つ、天然由来の甘味料。後引きの強い甘みと、特有の風味を有しているのが特徴。

→カンゾウの詳細へ

 

 

 

 

 

ツルヤ化成工業は70年以上甘味料業界に携わってきたプロとして、異なる特性をもった様々な甘味料の中から、お客様のご要望、目的に合わせた最適な甘味料のご提案をいたします。

どんな商品を作りたいか、まずはお気軽に「甘味料選定」でお試しいただきつつ、より詳しい情報は「お問い合わせ」よりご相談くださいませ。

甘味料コラム一覧に戻る

CONTACT ご相談・お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は、
お電話またはメールフォームより
承ります。

ご相談・お問い合わせ お役立ち資料ダウンロード お役立ち資料ダウンロード